瑞浪ボーノポークとは

 

「瑞浪ボーノポーク」は、岐阜県瑞浪市大湫町に農場を持つ有限会社カタノピッグファームが、母豚に岐阜県が独立行政法人農業生物資源研究所と農林水産先端技術産業振興センターと共同開発した、豚肉の霜降り割合を増加させる能力を持つデュロック種豚「ボーノブラウン」を交配して生産されたブランド肉豚です。

瑞浪ボーノポークは、一般に流通している豚肉よりもドリップロスが少なく、霜降り割合、旨味系遊離アミノ酸含量が多く、脂肪中のオレイン酸割合も高いという結果が得られました。そのため肉の旨味が逃げにくいのが特徴です。そして、他の国産豚肉に比べ肉の旨味と脂の甘みが強く、肉そのものの味を堪能する事ができます。